Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

26. 【1/3】Wikipedia --- 哲学 ( Philosophy 翻訳版)

【更新:2016.04.05】
哲学の[1/3],[2/3] 全体的に更新しました。まだ、機械訳のままの所もあります。もう少々気長にお待ち下さい(。•ㅅ•。)🌟
 
 
 
 
 
 
哲学(Philosophy)
 
 
 
 
 
哲学とは、現実の一般的で根本的な性質の研究です。その対象は、リアリティー、知識、価値、理性、マインド、言語です。哲学は、ピタゴラスが古代ギリシアの単語「φιλοσοφία(philosophia)」を使い始めたのが恐らく最初であり、文字通り「知恵に対する愛情」もしくは「知恵の友人」を意味します。哲学は、多くのサブフィールドに分けられました。それは、年代別、主題別、スタイル別に分けられました。
年代別:古代と現代)
主題別:認識論、論理学、メタ物理学、倫理学、審美学)
スタイル別:分析哲学)
 
 
哲学は、方法論として次のような他の問題解決方法とはしばしば区別されます。それは、"問う・批判的アプローチ・総合的アプローチ・理性的な議論に任せる" などの問題解決方法とです。哲学という言葉は、名詞として、"知識の総体"を示していることもあります。古代から、それら知識の総体はおおよそ、「自然哲学・倫理哲学・メタ物理学的な哲学」に分けられていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もくじ
 
 
 
 
 - - - - -- - - ↓1 / 3 ↓- - - - - - - - 
学問領域
   知識学*1
   論理学*2
   メタ物理学*3
- - - - -- - -  ↓2 / 3 ↓- - - - - - - - 
   倫理学と政治哲学*4
   審美学*5 
   専門化された分野
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
歴史
  古代の哲学
 エジプトとバビロン
 古代の中国人
 古代のグレコ-ローマン
 古代のインディアン
 古代のペルシャ人
  5-16世紀
 ヨーロッパ
 中世風の
 ルネッサンス
 東アジア
 インド
 中東
    中央アメリカ
    アフリカ
  17-20世紀
   近・現代の哲学
     19世紀の哲学
     20-21世紀の哲学   - - - - - ↓3 / 3↓- - - - - - - - 
主流学派
   ドイツの理想主義*6
   実用主義*7
   実存主義*8
   構造主義とポスト構造主義*9
   トマス主義*10
   分析哲学派*11
   応用哲学*12
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
関連項目
引用
参考文献
 
 
 
 
 
 
 
 
学問領域
 
哲学は、多くのサブフィールドに分けられました。今日大学では、これらのサブフィールドは、年代、主題、スタイルによって分けられています。
 
年代別分類は、古代、中世、近代、現代です。
主題別分類は、知識学、論理学、メタ物理学、倫理学と審美学です。
スタイル別分類は、分析哲学*13・大陸哲学*14・社会哲学・政治哲学です。
主要領域の研究のいくつかは、個々に下で記述します。
 
 
 
 
 
  知識学(Epistemology)
 
知識学は、知識の性質と範囲に関心を持ちます。真実・信念・認識と"正当性の理論"との関係のような事柄を、研究の対象にしています。
 
懐疑論*15は、どんな真実も完全に正当化できるとする可能性を疑う立場です。
完全にどんな声明でも証明するために、その正当化そのものがもう一つの正当化で支えられる必要があるとき、後退引数(認識論の基本的な問題)は起こります。このチェーンは3つの考えられるオプションをすることができます。そして、その全てはマンチャハウゼン・トライレンマ*16によって不満足です。1つのオプションは無限主義*17です、そこで、正当化のこの連鎖は永遠に続くことができます。もう一つのオプションはファウンデーショナリズム*18です、そこで、結局、証明されていないままにされる基本的な信条または原理に、正当化の連鎖は頼ります。声明が正当化のそれ自身の連鎖に含まれるように、最後のオプションは、例えばコヘレンティズム*19で、チェーンを円を描くようにしています。
 
合理主義*20は、知識の元となる"理由付け"*21を大事にする立場です。経験主義*22は、知識の元となる"観察的証拠"*23を大事にする立場です。その観察的な証拠とは、自分の身体の感覚を通して得た経験の事です。
得た知識のあらゆる可能性がある対象が観察なしで首尾一貫した構築物から推論されることができると、合理主義は主張します。経験主義は、最少のsでそれを主張します
 
 
ルネ・デカルト(Rene Descartes)
パルメニデス(fl.紀元前500年)は、考えという行為が実際に発生したかどうかを疑うことは不可能である、と主張しました。しかし、考えは物体を持たなければなりません、したがって、思考を超えた先に何かが実際に存在します。
たとえば、本当に存在することが特定のproperties―を持たなければならない、それが生まれることができないか、存在するのをやめることができない、それが永遠に同じことのままである(事実に、全く外側の時間が存在します)ことが首尾一貫した全体であると、パルメニデスは推論しました。これは、第三手引数として知られています。プラトン(427–347紀元前)は、合理主義をリアリズムの形と結合しました。哲学者の仕事は、存在ともののエキス(ousia)を考慮することです。しかし、エキスの特徴は、彼らが一般的であるということです。男性、三角形、木の性質は、すべての男性、すべての三角形、すべての木にあてはまります。これらのエキスが心から独立した「形」である、人間(しかし、特に哲学者)が理由によって、そして、感覚認識の気が散ることを無視することによって知りに来ることができると、プラトンは主張しました。
 
現代の合理主義は、デカルトから始めます。我々が考え(物よりもむしろ)に直接気づいているという見方に、知覚的な経験(生理学と光学の科学的発見だけでなく)の性質の反省は、デカルト(そのうえ、ロック)を連れていきました。この見解は、3つの質問を引き起こしました:
 
 
1. 考えは、それが表す本物の本当のコピーですか?知覚は身体の物の間の直接的な相互作用と我々の感覚でないが、代表(たとえば、網膜の画像)を含んでいる生理的プロセスです。緑の感じのような「第二の品質」がこのセンセーションを引き起こしに行く物質の点で不変化詞の配置にいかなる場合も似ていることができないと、ロックは思いました、しかし、形、サイズ、数のような「一次性質」が本当に物であると、彼は思いました。
 
 
2. どのように、椅子とテーブル(または脳の生理的プロセスさえ)のような物体は、考えのような精神的なアイテムを引き起こすことができますか?これは、心身問題として知られるようになったことの一部です。
 
3. 認識のすべての内容が考えであるならば、どのように、我々は、何でも考えは別として存在するということを知っていることができますか?
 
 
 
デカルトは、理性・理由付けによって最後の問題に立ち向かおうとしました。彼は、パルメニデスの言葉を繰り返して、筋道正しく否定されることができないと思った主義から始めました:私は思います、したがって、私はそうです(しばしば、彼の原語のラテン語で与えられます:コギトは、それゆえに、概説します)。この主義から、デカルトは、知識(そしてそれは、他の手段の間で、存在論的証明のバージョンを使用して神の存在を証明することが必要です)から完全なシステムを造り続けました。[17] 理由だけが強く現実のまわりに相当な当り前のことを与えることができたという彼の見方は通常現代の合理主義者(例えばバルーク・スピノザ、ゴットフリート・ライプニッツとC・ウォルフ)と考えられるそれらの哲学者に影響しました、その一方で、経験主義者として集められに振り返ってみれば来た他の哲学者から批評を引き起こしました。
 
 
 
 
  論理学(Logic)
 
論理学は、正しい推論の原則の研究です。議論は、演繹的な推理か帰納推論を使用します。演繹的な推理は、特定の声明(建物と呼ばれる)があれば、他の声明(結論と呼ばれる)が不可避的に意味される時です。建物からの推論の原則は最も人気のある方法(前件肯定)を含みます、そこで、「A」があれば、そして、「A、それからBならば」、それから、「B」は結ばれなければなりません。演繹的な議論のための一般の慣例は、三段論法です。建物が真実であるかどうかにかかわらず、その結論が真実である建物からあとに続くならば議論が堅実な間その結論がその建物からあとに続くならば、議論は有効であると言われます。述語論理が変数を含む手法と呼ばれているより複合建物を使う間、提案(それは真実であるか、間違っている宣言です)である建物を、命題論理は使います。これらは価格を割り当てられることができるか、全称記号(常に、応募してください)か存在記号(少なくとも一回あてはまります)で、彼らがいつ応募するかについて定量化されることができます。帰納推論は、結論または一般化を見込みに基づく推理に基づくようにします。たとえば、「人間の90%は、右利きです」、そして、「ジョーは人間的です」ならば、「ジョーは、多分右利きでしょう」。論理のフィールドは、数理論理学(形式的記号論理学)と哲学の論理を含みます。
 
 
 
 
  メタ物理学(Metaphysics)
 
メタ物理学は、最も一般的な特質の研究で、その特質とは、存在、時間、心身の関係、物とその性質、全体と部分、発生、プロセス、因果関係です。メタ物理学の伝統的な分野は、宇宙論、全体性における世界、と存在論(存在の研究)です。
  メタ物理学内でも、広範にわたる様々な哲学的な理論があります。例えば、理想主義は現実が精神的に造られるか、さもなければ重要でないとする立場です。また一方で、リアリズムは、現実(少なくとも現実の一部)は心と独立して存在するのだという立場です。主観的理想主義は、物は感覚器から得られた感覚データの"束"もしくは寄せ集めに過ぎないとする立場です。18世紀の哲学者ジョージ・バークリ(George Berkeley)は、"存在する事とは、認識される事もしくは知覚される事だ"「、、」というフレーズと共に、存在とは本質的に認識が結びつけられたものである、と主張しました。
 
しかし前記の見解に加えて、メタ物理学内で、普遍概念と特殊概念の間に存在論的な二分があります。抽象的な物(例えば数)とは対照的に、詳細は、空間と時間の中に存在すると言われているそれらの物です。普遍概念は、複数の詳細(例えば赤みまたは性)によって持たれる特性です。普遍概念と抽象的な物の存在のタイプは、あるとしても、形而上学的哲学の範囲内の重大な議論の問題です。唯名論が否定または普遍概念、抽象的な物または両方の否定である間、リアリズムは普遍概念が実際存在するという哲学の見解です
 
存在が述部であるかどうかの問題が、近現代から議論されてきました。その物を根本的にそれたらしめている、そして、それが失われればアイデンティティも失われるというような一連の特質が本質です。本質は偶発的な出来事と対比されます:物質が偶然に持っている性質であり、それなしでも物質はまだそのアイデンティティを保持することができる性質です
 
 

*1:Epistemology:日本では"認識論"と明治以降訳されてきたようですが、意味的にも綴り的にも知識学の方が分かりやすいとの判断で、"知識学"と訳しています。

*2:Logic

*3:Metaphysics:これも"形而上学"と訳されてきましたが、❶現在その語彙が日常的にあまり使われていない事❷分かりやすさ から、"メタ物理学"と訳しています。

*4:Ethics, Political Philosophy

*5:Aesthetics:明治以降"美学"と訳されて…。。知識学・メタ物理学同様。

*6:German Idealism

*7:Pragmatisn)

   現象学((Phenomenology

*8:Existentialism

*9:Structuralism,Post-Structuralism

*10:Tomism

*11:The Analytic Tradition

*12:Applied Philosophy

*13:Analytic Philosophy

*14:Continental Philosophy

*15:Scepticism

*16:Münchhausen trilemma

*17:Infinitism

*18:Foundationalism:基礎付け主義とも訳される事も。

*19:Coherentism:知識学の理論の一つ。その思想体系が一貫している事で、正当性を保証するという立場。参照⇨ Encyclopedia of philosophy---http://plato.stanford.edu/entries/justep-coherence/

*20:Rationalism

*21:Reasoning

*22:Empricism

*23:Observational experience

Remove all ads
This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️