Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

89. 【随想】ブログはどんな形のブログでも良い。十人十色。百人百色✨♪

やはり徒然に書いたら全くまとまりのない文章になってしまいました😅w(´>∀<ˋ๑)>w🌟
 
 

これはブログについてだけじゃない。何においても。。

『自分が楽しければそれで良し』。もちろん誰かを傷付けたりというのは除いて。それ以外だったら、なんだっていいじゃない。世界を幸せに変えるなら、色々細かい事はとりあえず置いておいて、まずは自分が楽しくて幸せに過ごせている事が先決でしょ? ロジカルに考えても、自分が辛い顔をして我慢して誰かの為になる事をしても、その人はあなたが我慢している事に気付いている。それも入れれば、結局自分も心から楽しく相手の為になる事でなければ意味がない。まして、自分が楽しくないなら、例え世界がみんな幸せになったとしても自分が幸せでないから、世界みんなが幸せになる事にはならない。まずはやはり、1番身近で最も確実に幸せにする事ができる自分から。
 
 
「自己犠牲はおとぎ話の中だけよ」と言った"緋弾のアリア"の、アリアを思い出す(ワシアニメちょいオタઽ( ´ω`)ઽ ✨♪w)。
 
どんなに周りがつまらないと思おうが、価値がないと思おうが、『自分が楽しくてやっている事』、それは誰にも測れない、その人だけの絶対的な価値のある事。
 
「楽しい」は脳がエネルギーを生み出す人間にとって自然な行為。
「楽しい」は自分の内面を充実させてくれる大切な行為であり時間。
 
 
 
例をあげれば、僕なんかこれ~っぽっちもお金にも誰かのためにもならない趣味がある。アダルトビデオ鑑賞にしろ←(⚠︎自重🔥) 、この禁煙の風潮の中の喫煙にしろ😅、後、ブログで無意味にふざけたり顔文字多用したり△@&♨︎☆¥…。。
 
でも自分が「楽しいから・好きだから」「これは今自分がしたい事」だからやっているだけ。それ以外に、その事について議論は僕には要らない。それが、つまらなくなったりデメリットがあると分かったらその時はやめる、ただそれだけの事。
 
 
 
 

少しづつ、確実に良い方向へ向かっている世界

スティーブン・ピンカー*1が言うように、歴史を振り返れば、どう考えても良い世の中になってきている事は間違いない。日本だけでみても、数十年前までは徴兵されて出兵しなければいけなかったし、明治・江戸時代に比べれば食べ物もみんなが食べられるだけあって、急に刀で斬られる事もない。
人間の自由度や可能性が大きく広がってきている。それは物理的な意味でも、精神的な意味でも。
 
ただ良い世の中になってきている中で、まだ競争が人を磨くと本気で考えている人、他人の事を考えられない人がいる事も事実。考えられる優しい人がバカを見る事もあるかも知れない。
だからこそのムハマド・ユヌスでありトマ・ピケティであり、ジョセフ・E・スティグリッツであり苫米地英人さんだ。まぁまだ実装力も知力も駆け出しですが僕もいますん✨♪ ₍₍(꒪່౪̮꒪່)⁾⁾✨♪← まだまだ普通すぎて誰かの力になるくらいの何かを、現在は持ち合わせてはいませんが。。その内に必ずっ!(๑• ̀д•́ )b✧+°←w
 
 
自意識過剰なんていう事はありえない。それは周りよりも認知力が高いという事。そしてまた、年齢も関係がある。若い子は特に自意識過剰と言われるような事が起こりやすい。それは、成長過程で自我を形成している期間だから、周りや自分に意識がいくのは当然。脳が世界の情報を必要としてい時期なのだから。自分の意識を意識できる事は認知力が高い事の何よりの証拠。例えば、ヨガの瞑想などは、まさにそれを意識的に行う脳のトレーニング。"自分の行為や考えを意識にあげる"という行為は、自意識過剰なんかでは無く、脳に非常にプラスに働く。思考等、高度脳機能を司る前頭前野のトレーニング。最近アメリカでも、ビジネスマンなどの間でも瞑想は非常に人気になってきている。
 
 
 
比べてしまう心も自分をついつい卑下してしまう心も、それは全部が全部、あなたのせいではない。自分の意識だけの問題ではない。
自分を卑下してしまったり劣等感を感じてしまう、そして更に、そのように感じてしまった自分をまたさらに責めてしまって…という事もあるかもしれない。でも、その必要はないのだ。
 
幼少期に経験した情動記憶によって、無意識が勝手に反応してしまっている事が原因の場合も多い。もちろん日頃から、意識的にポジティブな側面を見ようとする事も大事だ。けれど、やはり無意識が関わっている心の作用であり、「意識」だけではどうにもならない。卑下してしまったり、上手くいかなかったり、続かなかったりする事を、全て自分の意志の弱さだとするのは間違いだ。脳科学的に、仕組み的にその判断は間違いだ。脳の仕組みを知り、その特性を知り、上手く活用できれば、自分が思うように自分を導いていける。
 
 
意志や意識が過大評価され絶対的な基準になっていたのは、過去の誤りであり、今まだ残る誤った常識に過ぎない。
ただし、意識や理性が、全ての局面において無力という訳ではない。もちろん意識や理性こそが大きく作用してくる局面はたくさんある。ただ、上記の場合においては、意識以外の無意識も関わってくる心の作用であり、意識だけのせいにするのは間違いであるという事。
 
 
 
 
もう読み返すのが面倒臭くなってしまったのでw、何となく恥ずかしい内容を書いてしまったような気がしますが、このままポストしますw  こんな時もたまにありんすブログですが、ひとつよしなに~ ✨✨♪ ε”ε”(ノ๑ ˃̶̤̀∀˂̶̤́ )ノ
 
 
おしまい✿
 
 

*1:Steven Pinker

This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️