Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

111. 【論説文】はてなブログのモバイル広告が多い気がしたので、何となく考えた事を書いてみました。

昨今モバイルユーザーが増加している、とはいえ、この広告量は少し多いのではと感じました…あまりモバイルを使わない方ですが、最近自分のブログを見ていて感じました…(;´ρ`) 

 

はてなさんがどういう意向でそうされているのかは僕の存じ上げる所ではございません。ですが、一応感じた事を以下にまとめてみました?

 

 

 

__________________________________

この広告量では、
 
●広告収入?
●無料ユーザーの有料へのシフト
 
ではなく、
 
●離れていくユーザーが多くなりそう
 
に感じました…( ´•౪•`)
 
 

広告が増え過ぎる事のデメリット(思案・私案)

フリーミアム戦略における、過度(どこからが過度でどこからが過度でないかの線引きは非常に難しい。コレはあくまで僕の主観にすぎませんが。。)の広告掲載のデメリット』を、考えてみました。

 
 
 
 
▼ユーザーサイド▼ ●多広告を嫌がるユーザーが↗
    ↓↓
    無料ユーザーが離れていく
  ↓↓
    広告収入減
 
 
▼観覧車サイド▼
  ●観覧者が、ADブロックの導入・強化
  ↓↓
  広告収入減
 
 
これではかえって、フリーミアム戦略の意味が薄れてしまう気がしました。
 
 

広告量を増やすとデメリットが増加する根本的な理由

 
 
▼理由▼
無料ユーザー  →  有料に変更」を促すには、値段設定が高い
 
根本的に無料ユーザーというのは、そのサービスを有料で使う事に対してモチベーションが低いと考えられます。それはソシャゲなど、他のフリーミアム戦略の収益データをみれば明らかな気がします(僕がみたデータは今後掲載出来ればします…どこだったか…(;´Д`)?)
ですから広告増→有料へ促すという効果はあまり期待できるものではないと考えます。
 
 
そもそもフリーミアムというのは、それ自体で利益をあげるには、中々難しい戦略な気がします。元々はソフトウェア分野がそのモデルの起源らしいですか、無料化する事のメリットは、「多くの人にサービスを知って貰う事・サービスを通じて企業を知って貰う事」にあると考えます。ですから、その主要な目的は"宣伝"にあると言える「フリーミアム戦略」を、収益に繋げるには以下2つのケースが考えられます。
 
 
①フリー(無料)製品の"一部有料"化による収益
②その企業の"他製品を購入"して貰う事による収益
 
また、昨今では「③フリー戦略でユーザー数拡大 + 広告収益」というのもあります。こちらはフリーミアムと似ていますが、厳密には少し違う気がします…僕も判断しかねます…が、一応"大枠でのフリーミアム戦略"として、ここでは考えてみました。
この戦略を採用している代表的な事例は、Googleや新聞・TVメディアなどで、基本的に広告が主要な収益資本となっています。
 
 
 
 
 
 
 
今一度、フリーミアム戦略と企業収益をまとめると、以下になります。
 
 
①長期的戦略→無料ユーザが有料プランへシフトする事を待つ
②その企業の他製品の購入
③無料ユーザーへ量的アプローチ(ユーザーを増やす)→広告収入へ繋がる
 
 
 
 

結論

●ユーザー・企業・観覧者が3者ともメリットを得られるには、広告、サービス、値段設定等、様々な"バランス"が重要。これは、僕みたいに「言うは易し」で、現場の方が「行うは難し」だと思います。上記色々偉そうにすみません??
 
フリーミアム戦略を利益に結びつけるには「長期的」なアプローチが必要
 
フリーミアムにおいて、一つのコンテンツ(物だけでなくサービスも含む) だけで収益を上げていくのは難しい事なのかも。。
いわゆるフリーミアムで成功している企業というのは、私見ですが…
   ・他ジャンルに及ぶ事業戦略
   ・サービスの定期的更新。また大規模な質的更新をしている
 
      事が多いように見受けられました。
     【例:Amazongooglelivedoor、LINE、ペパボ株式会社、など他多数】
 
 
 
 
 
 

なぜ書いたのか

やはり『はてなブログというコミュニティが好きだから・今後も存続してほしいから・利用していきたいから(有料であっても)』   からです。これが的を射ているのかは分かりません。ですがいちユーザーの感想として参考にして頂ける事があるとすれば、非常に光栄であり幸いであります?
 
 
もし、はてなブログさんが見られたとしたらどう思われるか、また他のはてなユーザーさんが見たとしたらどう思われるか、は正直分かりません。
 
 
ですが、やはり記しておきたい、そう思いましたので、書いてみた次第です•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾?
ご清聴ありがとうございました?(* ˊ˘ˋ)*_ _))
This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️