Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

【js】JavaScript 備忘録(骨子系)

Return Value の type

日本語に翻訳するとしたら「返値 」という語がいい気がする。多分造語だけど。翻訳調べたらありました😅w

 調べて明確に理解したが、「return valueのタイプ」というのは

そもそもJavaScriptの扱えるData Type と、密接に関連している。

その言語で扱えるデータの種類以外の種類を返値してくることはないから。扱える種類のデータを必ず返値してくるから。当たり前ですが😅w

 

その言語のデータタイプ数  =  返値のデータタイプ数

 

 

 

 JavaScript とHTML をつなぐ DOM というフレーム( 捉え方・考え方 )

JavaScriptとHTMLとの相互作用口として、DOMという枠組みが採用されている。DOMとは、HTMLを部分に分け、各部分を一つの物体として捉えたりする。時には、それらの幾つかの集まりを一つの物体と捉えたり、さらにはhtml全体を一つの物体として捉えたりもする。

そして、その物体には幾つかの「プロパティ」が存在する。

 

プロパティ」とは、例えば、車という物体の場合、車の名前、メーカー名、年式、色などの事をさす。

 

   プロパティ  :  値( Value )

 

   車名 :  オデッセイ

   メーカー名 :  ホンダ

   年式  :  2014年式

   色  : 黒

 

w3Schools参照

http://www.w3schools.com

Data Type (データタイプ )

Data Type( データタイプ ) には、7つのタイプがある。(ECMAScript 6)

Boolean, Number, Symbol, String, undefined, null, Object

 

真偽値、数、記号、文字群、未定義、空(から)、物体

(16.12.19: 誤りがあったので訂正しました😅💦)

 

 

 

ソース

6 ECMAScript Data Types and Values

http://www.ecma-international.org/ecma-262/6.0/#sec-ecmascript-data-types-and-values

 

JavaScript data types and data structures

https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript/Data_structures

 

 

 

 

似ている、よく見かける method, function

 

Math.round(argument)  number → number

Math.floor(arg)   num → num

parseInt(arg)  string → number

 

number.toFixed() → num → string

 

 

 

推測、予想だけど。。

よくパララックスとかアニメーション系のWebページで、

・うまく表示されない

・ページがクラッシュする

 

事があるのは、「データタイプ」が揃っていないからもあるのだと思う。CSSの値を変えるCode で「ParseInt」をちょくちょく見かけるのだが、CSSの値を変える場合、データタイプは「string」でないといけない。 追記parseInt はstring → number に変換される。

JavaScriptはデータタイプをそこまで厳密にしなくても、類推・補完してくれるらしいけれど、それにも処理が必要。タイプを揃えることにより、表示もカクツキ無く、シームレスに表示されるのだろうと思った。

もちろん整数にする事が大切なのもあると思う。(色々まだ確定的ではありません😅)

 

 

これはScrollTopやgetBoundingClientRect()を最近学習・実装していて感じた事。

 おかげさまで、初期よりだいぶカクツキ・不具合が軽減しました…多分( ³ω³ ).。o??

 

 

追記
揃えなくても大丈夫でした。
JavaScriptでは、
number + string → string
になるようですね(;´ρ`)💦w

This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️