Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

Google翻訳の精度Upしてたよ✨♪

Google翻訳の翻訳精度が、大幅にUpしたみたいです🌟

Google翻訳

 

英語や外国語が更に身近なものになりました。本当にありがたい事です。Googleさん、ありがとうございます(* ˊ˘ˋ)*_ _))ペコリン🌟

 

という事で。今回はこれにあやかり、またまた ウィキペディア.enの「Philosophy」の一部を翻訳にかけてみました。過去に「Yarakuze+ 和馬訳」で試みた事がありますw 「何回やんねん!?w」という声が聞こえてきそうですがw 考える事が趣味なもので o͡͡╮(。-∀-。)╭o͡͡ 哲学が好きでんがなまんがな~ o͡͡╮(。-∀-。)╭o͡͡w✨♪

 

また、私見にはなりますが、やはり英語版のWikiの方が、本場の哲学の空気感というか醍醐味・面白さが伝わってくるように感じました。

それでは🌟

 

 

 

Philosophy [ Wikipedia.en (17.0121) ]

Philosophy - Wikipedia

 (*もくじの"赤色部分"が引用させて頂いた部分です)

Philosophy (from Greek φιλοσοφία, philosophia, literally "love of wisdom") is the study of general and fundamental problems concerning matters such as existence, knowledge, values, reason, mind, and language. The term was probably coined by Pythagoras (c. 570 – c. 495 BC). Philosophical methods include questioning, critical discussion, rational argument and systematic presentation. Classic philosophical questions include: Is it possible to know anything and to prove it? What is most real? However, philosophers might also pose more practical and concrete questions such as: Is there a best way to live? Is it better to be just or unjust (if one can get away with it)? Do humans have free will?

 

Historically, "philosophy" encompassed any body of knowledge. From the time of Ancient Greek philosopher Aristotle to the 19th century, "natural philosophy" encompassed astronomy, medicine and physics. For example, Newton's 1687 Mathematical Principles of Natural Philosophy later became classified as a book of physics. In the 19th century, the growth of modern research universities led academic philosophy and other disciplines to professionalize and specialize. In the modern era, some investigations that were traditionally part of philosophy became separate academic disciplines, including psychology, sociology, linguistics and economics.

 

Other investigations closely related to art, science, politics, or other pursuits remained part of philosophy. For example, is beauty objective or subjective? Are there many scientific methods or just one? Is political utopia a hopeful dream or hopeless fantasy? Major sub-fields of academic philosophy include metaphysics ("concerned with the fundamental nature of reality and being"), epistemology (about the "nature and grounds of knowledge and...its limits and validity"), ethics, aesthetics, political philosophy, logic, philosophy of science and the history of Western philosophy.

 

Since the 20th century professional philosophers contribute to society primarily as professors, researchers and writers. However, many of those who study philosophy in undergraduate or graduate programs contribute in the fields of law, journalism, politics, religion, science, business and various art and entertainment activities.

 

 

Table of Contents

 

Introduction

 Knowledge

 Philosophical progress

Historical overview

 Western philosophy

 Middle Eastern philosophy

 Indian philosophy

 Buddhist philosophy

 East Asian philosophy

 African philosophy

 Indigenous American philosophy

Categories

 Metaphysics

 Epistemology

 Value theory

  Ethics

  Aesthetics

  Political philosophy

 Logic, science and mathematic

  Logic

  Philosophy of science

 History of philosophy

 Philosophical schools

Other approaches

 Applied philosophy 

Society

Professional philosophy

Non-professional philosophy

Role of women

Popular culture

See also

References

Sources

Further reading

General introductions

Topical introductions

 Eastern

 African

 Islamic

Historical introductions

 Ancient

 Medieval

 Modern

 Contemporary

Reference works

External links

 

 

 

#Introduction

 

Knowledge

Traditionally, the term "philosophy" referred to any body of knowledge. In this sense, philosophy is closely related to religion, mathematics, natural science, education and politics. Newton's 1687 "Mathematical Principles of Natural Philosophy" is classified in the 2000s as a book of physics; he used the term "natural philosophy" because it used to encompass disciplines that later became associated with sciences such as astronomy, medicine and physics.

 

Philosophy was traditionally divided into three major branches:

 

Natural philosophy ("physics") was the study of the physical world (physis, lit: nature);

Moral philosophy ("ethics") was the study of goodness, right and wrong, beauty, justice and virtue (ethos, lit: custom);

Metaphysical philosophy ("logos") was the study of existence, causation, God, logic, forms and other abstract objects ("meta-physika" lit: "what comes after physics").

This division is not obsolete but has changed. Natural philosophy has split into the various natural sciences, especially astronomy, physics, chemistry, biology and cosmology. Moral philosophy has birthed the social sciences, but still includes value theory (including aesthetics, ethics, political philosophy, etc.). Metaphysical philosophy has birthed formal sciences such as logic, mathematics and philosophy of science, but still includes epistemology, cosmology and others.

 

Philosophical progress

Many philosophical debates that began in ancient times are still debated today. Colin McGinn and others claim that no philosophical progress has occurred during that interval. Chalmers and others, by contrast, see progress in philosophy similar to that in science, while Talbot Brewer argued that "progress" is the wrong standard by which to judge philosophical activity.

 

 

**Categories**

Philosopher questions can be grouped into categories. These groupings allow philosophers to focus on a set of similar topics and interact with other thinkers who are interested in the same questions. The groupings also make philosophy easier for students to approach. Students can learn the basic principles involved in one aspect of the field without being overwhelmed with the entire set of philosophical theories.

 

Various sources present different categorical schemes. The categories adopted in this article aim for breadth and simplicity.

 

These five major branches can be separated into sub-branches and each sub-branch contains many specific fields of study.

 

Metaphysics and epistemology

Value theory

Science, logic and mathematics

History of Western philosophy

Philosophical traditions

These divisions are neither exhaustive, nor mutually exclusive. (A philosopher might specialize in Kantian epistemology, or Platonic aesthetics, or modern political philosophy.) Furthermore, these philosophical inquiries sometimes overlap with each other and with other inquiries such as science, religion or mathematics.

 

Metaphysics

Main article: Metaphysics

Metaphysics is the study of the most general features of reality, such as existence, time, objects and their properties, wholes and their parts, events, processes and causation and the relationship between mind and body. Metaphysics includes cosmology, the study of the world in its entirety and ontology, the study of being.

 

A major point of debate revolves between realism, which holds that there are entities that exist independently of their mental perception and idealism, which holds that reality is mentally constructed or otherwise immaterial. Metaphysics deals with the topic of identity. Essence is the set of attributes that make an object what it fundamentally is and without which it loses its identity while accident is a property that the object has, without which the object can still retain its identity. Particulars are objects that are said to exist in space and time, as opposed to abstract objects, such as numbers, and universals, which are properties held by multiple particulars, such as redness or a gender. The type of existence, if any, of universals and abstract objects is an issue of debate.

 

Epistemology

Main article: Epistemology

 

Dignaga founded Buddhist epistemology (pramana)

Epistemology is the study of knowledge (Greek episteme). Epistemologists study the putative sources of knowledge, including intuition, a priori reason, memory, perceptual knowledge, self-knowledge and testimony. They also ask: What is truth? Is knowledge justified true belief? Are any beliefs justified? Putative knowledge includes propositional knowledge (knowledge that something is the case), know-how (knowledge of how to do something) and acquaintance (familiarity with someone or something). Epistemologists examine these and ask whether knowledge is really possible.

 

Skepticism is the position which doubts claims to knowledge. The regress argument, a fundamental problem in epistemology, occurs when, in order to completely prove any statement, its justification itself needs to be supported by another justification. This chain can go on forever, called infinitism, it can eventually rely on basic beliefs that are left unproven, called foundationalism, or it can go in a circle so that a statement is included in its own chain of justification, called coherentism.

 

Rationalism is the emphasis on reasoning as a source of knowledge. It is associated with a priori knowledge, which is independent of experience, such as math and logical deduction. Empiricism is the emphasis on observational evidence via sensory experience as the source of knowledge.

 

Among the numerous topics within metaphysics and epistemology, broadly construed are:

 

Philosophy of language explores the nature, the origins and the use of language.

Philosophy of mind explores the nature of the mind and its relationship to the body. It is typified by disputes between dualism and materialism. In recent years this branch has become related to cognitive science.

Philosophy of religion explores questions that arise in connection with religions, including the soul, the afterlife, God, religious experience, analysis of religious vocabulary and texts and the relationship of religion and science.

Philosophy of human nature analyzes the unique characteristics of human beings, such as rationality, politics and culture.

Metaphilosophy explores the aims of philosophy, its boundaries and its methods.

Value theory

Value theory (or axiology) is the major branch of philosophy that addresses topics such as goodness, beauty and justice. Value theory includes ethics, aesthetics, political philosophy, feminist philosophy, philosophy of law and more.

 

 

Ethics

 

The Beijing imperial college was an intellectual center for Confucian ethics and classics during the Yuan, Ming and Qing dynasties.

Ethics, or "moral philosophy", studies and considers what is good and bad conduct, right and wrong values, and good and evil. Its primary investigations include how to live a good life and identifying standards of morality. It also includes meta-investigations about whether a best way to live or related standards exists. The main branches of ethics are normative ethics, meta-ethics and applied ethics.

 

A major point of debate revolves around consequentialism, where actions are judged by the potential results of the act, such as to maximize happiness, called utilitarianism, and deontology, where actions are judged by how they adhere to principles, irrespective of negative ends.

 

Aesthetics

Aesthetics is the "critical reflection on art, culture and nature."It addresses the nature of art, beauty and taste, enjoyment, emotional values, perception and with the creation and appreciation of beauty. It is more precisely defined as the study of sensory or sensori-emotional values, sometimes called judgments of sentiment and taste. It divides into art theory, literary theory, film theory and music theory. An example from art theory is to discern the set of principles underlying the work of a particular artist or artistic movement such as the Cubist aesthetic. The philosophy of film analyzes films and filmmakers for their philosophical content and explores film (images, cinema, etc.) as a medium for philosophical reflection and expression.(citation needed)

 

 

 

Political philosophy

 

Thomas Hobbes

Political philosophy is the study of government and the relationship of individuals (or families and clans) to communities including the state. It includes questions about justice, law, property and the rights and obligations of the citizen. Politics and ethics are traditionally linked subjects, as both discuss the question of what how people should live together.

 

Other branches of value theory:

 

There are a variety of branches of value theory.

 

Philosophy of law (often called jurisprudence) explores the varying theories explaining the nature and interpretation of laws.

Philosophy of education analyzes the definition and content of education, as well as the goals and challenges of educators.

Feminist philosophy explores questions surrounding gender, sexuality and the body including the nature of feminism itself as a social and philosophical movement.

Philosophy of sport analyzes sports, games and other forms of play as sociological and uniquely human activities.

Logic, science and mathematics

Many academic disciplines generated philosophical inquiry. The relationship between "X" and the "philosophy of X" is debated. Richard Feynman argued that the philosophy of a topic is irrelevant to its primary study, saying that "philosophy of science is as useful to scientists as ornithology is to birds." Curtis White, by contrast, argued that philosophical tools are essential to humanities, sciences and social sciences.

 

The topics of philosophy of science are numbers, symbols and the formal methods of reasoning as employed in the social sciences and natural sciences.

 

 

 

Logic

 

Logic is the study of reasoning and argument. An argument is "a connected series of statements intended to establish a proposition." The connected series of statements are "premises" and the proposition is the conclusion. For example:

 

All humans are mortal. (premise)

Socrates is a human. (premise)

Therefore, Socrates is mortal. (conclusion)

Deductive reasoning is when, given certain premises, conclusions are unavoidably implied. Rules of inference are used to infer conclusions such as, modus ponens, where given “A” and “If A then B”, then “B” must be concluded.

 

Because sound reasoning is an essential element of all sciences, social sciences and humanities disciplines, logic became a formal science. Sub-fields include mathematical logic, philosophical logic, Modal logic, computational logic and non-classical logics. A major issue in the philosophy of mathematics revolves around whether mathematical entities are objective and discovered, called mathematical realism, or invented, called mathematical antirealism.

 

Philosophy of science

Main article: Philosophy of science

 

The ideas of Ibn al-Haytham were instrumental in the development of the modern Scientific method.

This branch explores the foundations, methods, history, implications and purpose of science. Many of its sub-divisions correspond to a specific branch of science. For example, philosophy of biology deals specifically with the metaphysical, epistemological and ethical issues in the biomedical and life sciences. The philosophy of mathematics studies the philosophical assumptions, foundations and implications of mathematics.

 

 

哲学(翻訳)

 

(「用語」の個人的日本語訳)

 [English]  →  [和馬訳]  |[従来の日本語訳]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Metaphysics → メタ物理学  | (形而上学)

Epistemology → 知識学   | (認識論)

Aethetics   → 審美学    | (美学)

 

 

 

哲学は、存在、知識、価値観、理性、心、言語などの問題に関する一般的かつ根本的な問題の研究である(ギリシア語の哲学、哲学、文字通り「知恵の愛」)。この言葉はおそらくピタゴラス(c。570 - c。紀元前495年頃)によって造られたと思われる。哲学的方法には、質問、批判的議論、合理的議論および系統的提示が含まれる。古典的な哲学的な質問には次のようなものがあります。何かを知り、それを証明することは可能ですか?最も真実は何ですか?しかし、哲学者は、より実践的で具体的な質問を提起するかもしれません:生きる最良の方法はありますか?正義か不義である方が良いのですか?人間は自由意志を持っていますか?

 

歴史的に、「哲学」はあらゆる知識体を包含していた。古代ギリシャの哲学者アリストテレスから19世紀にかけて、「自然哲学」は天文学、医学、物理学を取り上げました。例えばニュートンの1687年の自然哲学の数学的原理は、後に物理学の本として分類された。 19世紀には、近代的な研究大学の発展により、学術哲学や他の分野が専門化され、専門化されました。現代では、伝統的に哲学の一部であったいくつかの調査は、心理学、社会学、言語学、経済学を含む別々の学問分野となった。

 

美術、科学、政治、その他の研究に密接に関連する他の調査は、哲学の一部として残っていました。例えば、美観は客観的か主観的か?多くの科学的方法がありますか?政治的ユートピアは希望の夢か絶望的なファンタジーか?学問哲学の主要なサブ分野には、メタ物理学(「現実と存在の基本的性質に関係する」)、知識学(知識の本質と根拠、限界と妥当性について)、倫理学、審美学、政治哲学、論理、科学の哲学、西洋哲学の歴史などがあります。

 

20世紀のプロの哲学者は、主に教授、研究者、作家として社会に貢献しています。しかし、学部や大学院のプログラムで哲学を学ぶ人の多くは、法律、ジャーナリズム、政治、宗教、科学、ビジネス、様々な芸術・娯楽活動の分野に貢献しています。

 

 

もくじ

 

 

導入

 知識

 哲学的進歩

歴史的概要

 西洋の哲学

 中東の哲学

 インドの哲学

 仏教哲学

 東アジアの哲学

 アフリカの哲学

 先住民のアメリカの哲学

カテゴリー

 メタ物理学

 知識学

 価値理論

  倫理学

  審美学

  政治哲学

 論理、科学、数学

  論理  

  科学の哲学

哲学の歴史

哲学学校

その他のアプローチ

 応用哲学

社会

プロフェッショナル哲学

ノンプロフェッショナル哲学

女性の役割

大衆文化

こちらも読んでね

参考文献

ソース

参考文献

一般紹介

話題の紹介

 東部

 アフリカ

 イスラム

歴史的な紹介

 古代

 中世

 現代

 コンテンポラリー

参照作品

外部リンク

 

 

 

導入

 

知識

伝統的に、「哲学」という言葉は、あらゆる知識体を指していました。この意味で、哲学は宗教、数学、自然科学、教育、政治と密接に関連しています。ニュートンの1687年の「自然哲学の数学的原則」は、2000年代に物理学の本として分類されています。彼は後に天文学、医学、物理学などの科学に関連する分野を網羅していたので、「自然哲学」という言葉を使用しました。

 

哲学は伝統的に3つの主要な枝に分けられました:

 

自然哲学(「物理学」)は物理世界の研究であった(フィシス、ライト:自然)。

道徳哲学(「倫理学」)は、良さ、善悪、美、正義、美徳(倫理、照明:習慣)の研究でした。

メタ物理学的哲学( "ロゴ")は、存在、因果関係、神、論理、形態、その他の抽象的なオブジェクト( "メタ物理学"が点灯した: "物理学の後に来るもの")の研究でした。

この部門は時代遅れではなく、変化しています。自然哲学は、様々な自然科学、特に天文学、物理学、化学、生物学、宇宙論に分かれています。道徳哲学は社会科学を成し遂げたが、依然として価値理論(審美学、倫理学、政治哲学などを含む)を含んでいる。メタ物理学的な哲学は、論理、数学、科学哲学などの正式な科学を生み出してきたが、知識学、宇宙論などを含む。

 

哲学的進歩

古代から始まった多くの哲学的議論は、今日もなお議論されている。 Colin McGinnらは、その間に哲学的進歩が起こっていないと主張する。 Talbot Brewerは、「進歩」は哲学的活動を判断するための間違った基準であると主張していたが、チャーマーらは、対照的に、科学のそれと同様の哲学の進歩を見る。

 

 

 

カテゴリ

哲学者の質問はカテゴリに分類できます。これらのグループ分けにより、哲学者は一連の同様の話題に焦点を当て、同じ質問に関心を持つ他の思想家と対話することができます。グループ分けはまた、学生がアプローチするのをより容易にする。生徒は、哲学理論全体に圧倒されることなく、フィールドの一面に関わる基本原則を学ぶことができます。

 

さまざまなソースには、異なるカテゴリスキームがあります。この記事で採用したカテゴリは、幅広さとシンプルさを目指しています。

 

これらの5つの主要なブランチは、サブブランチに分けられ、各サブブランチは、多くの特定の研究分野を含みます。

 

 

メタ物理学と知識学

価値理論

科学、論理、数学

西洋哲学の歴史

哲学的伝統

これらの部門は網羅的でも相互排他的でもありません。(哲学者は、カンティアンの知識学、あるいはプラトニックな審美学、または現代の政治哲学を専門とするかもしれません。)さらに、これらの哲学的質問は、科学や宗教、数学などの他のお互いの質問と重複することがあります。

 

メタ物理学

メタ物理学は、存在、時間、対象とその特性、全体とその部分、事象、プロセスと因果関係、心と身体との関係など、現実の最も一般的な特徴を研究するものです。メタ物理学には、宇宙論、世界全体の研究とオントロジ、存在論の研究が含まれます。

 

議論の主要なポイントは、現実主義とは独立して存在する主体が存在するという現実主義と、その現実が精神的に構築されているか、そうでなければ重要でないと主張する理想主義との間を巡っている。メタ物理学はアイデンティティーの話題を扱う。エッセンスとは、オブジェクトを本質的に保持する属性の集合であり、事故はオブジェクトが持つ特性であり、オブジェクトがそのアイデンティティーを保持することができます。具体例は、赤とかジェンダーのような複数の項目によって保持されるプロパティである、数値や普遍のような抽象的なオブジェクトではなく、時空に存在すると言われるオブジェクトです。ユニバーサルと抽象的なオブジェクトの存在のタイプは、もしあれば、議論の問題である。

 

知識学(認識論)

[ 参照リンク: 語源(epistemology --- online etimology dictionalyより) ]

 

Dignagaは仏教的な知識学(プラマナ) の創始者である。

知識学は知識の研究である(ギリシア語エピスタム)。知識学者は、直感、先験的な理由、記憶、知覚知識、自己知識および証言を含む、推定される知識源を研究する。また、真実は何ですか?知識は正しいと信じていますか?信念は正当化されていますか?知識には、命題知識(何かがあるという知識)、ノウハウ(何かをする方法の知識)、知人(誰かや何かとの親しみ)などがあります。知識学者はこれらを調べ、知識が本当に可能かどうか尋ねる。

 

懐疑主義は知識に対する主張を疑う立場です。知識学における根本的な問題である回帰論争は、陳述を完全に証明するために、その正当化自体が別の正当化によって支持される必要があるときに生じる。このチェーンは、無限論と呼ばれる永遠に続くことができ、最終的には証明されていない基礎的信念、すなわち根本主義に頼ることができます。

 

合理主義は知識の源泉としての推論に重点を置いている。これは、数学や論理的控除のような経験とは独立した先験的な知識に関連しています。経験主義は知識の源泉としての知覚経験による観察的証拠に重点を置いている。

 

メタ物理学と知識学の中の多数の話題の中で、広く解釈されるものは次のとおりです。

 

言語の哲学は、言語の性質、起源および使用を探求します。

心の哲学は、心の本質と身体との関係を探求します。二元論と物質主義の間の紛争に代表される。近年、この枝は認知科学に関連しています。

宗教の哲学は、魂、後世、神、宗教経験、宗教的な語彙やテキストの分析、宗教と科学の関係など、宗教と関連して生じる問題を探求しています。

人間性の哲学は、合理性、政治、文化など、人間の独特の特性を分析します。

メタ哲学は、哲学、その境界とその方法の目的を探求する。

 

価値理論

価値理論(または公理)は、良さ、美しさ、正義などの問題に取り組む哲学の主要な枝です。価値理論には、倫理、美学、政治哲学、フェミニスト哲学、法哲学などが含まれます。

 

 

倫理学(Ethics)

北京帝国大学は、元、清、清の時代の儒教倫理と古典の知的中心地であった。

倫理、すなわち「道徳的哲学」は、善良で悪い行為、正義と誤った価値観、善悪を研究し、考慮する。その主な調査には、良い生活を送る方法と道徳の基準を特定する方法が含まれます。また、生存基準や関連する基準が存在するかどうかについてのメタ調査も含まれています。倫理の主要な枝は、規範的倫理、メタ倫理、応用倫理です。

 

議論の主要なポイントは、功利主義と呼ばれる幸福を最大化するなど、行為の潜在的な結果によって行動が判断される結果主義の周りを回転し、デントロジーは、否定的な目的とは無関係に行動を原則に準拠させる方法によって判断される。

 

審美学(美学)(Aethetics)

美学は "芸術、文化、自然に対する批判的な反省"であり、芸術、美と趣味、喜び、感情価値、知覚、美の創造と感謝の本質を扱っています。より正確には、感情や感情的価値の研究であり、感情と味の判断と呼ばれることもあります。それは芸術理論、文学理論、映画理論、音楽理論に分かれています。芸術理論の一例は、キュービストの美学のような特定のアーティストや芸術的な動きの根底にある原則のセットを見分けることです。映画の哲学は、哲学的な内容の映画や映画製作者を分析し、哲学的な表現と表現の媒体としての映画(映像、映画など)を探求します。

 

政治哲学

 

トマス・ホッブズ

政治哲学は政府の研究であり、個人(または家族や一族)と州を含むコミュニティとの関係です。それには正義、法律、財産、市民の権利と義務に関する質問が含まれています。政治と倫理は、伝統的にリンクされている主題です。どちらも人々がどのように共生しなければならないのかという問題を論じています。

 

価値理論の他の分野:

 

価値論のさまざまな分野があります。

 

法学の哲学(しばしば法学と呼ばれる)は、法律の性質と解釈を説明する様々な理論を探求している。

教育の哲学は、教育の定義と内容、そして教育者の目標と課題を分析します。

フェミニスト哲学は、社会的、哲学的運動としてのフェミニズムそのものの性質を含むジェンダー、セクシュアリティ、身体を取り巻く問題を探求している。

スポーツの哲学は、スポーツ、ゲーム、および他の形態の遊びを社会学的および独特の人間活動として分析する。

 

 

 

論理、科学、数学

多くの学問分野が哲学的調査を生み出した。 「X」と「Xの哲学」との関係が議論されている。 Richard Feynmanは、トピックの哲学は、「科学の哲学は、鳥類にとって鳥類学が科学者にとって有用である」との主な研究とは無関係であると主張した。対照的に、Curtis Whiteは、哲学的ツールは人文科学、科学、社会科学にとって不可欠であると主張した。

 

科学哲学のトピックは、社会科学と自然科学で採用されている数字、記号、正式な推論方法です。

 

 

論理学

 

論理は、推論と議論の研究である。議論は、「命題を立てることを意図した一連の声明」である。接続された一連の記述は「前提」であり、命題は結論です。例えば:

 

すべての人間は死に至る。 (前提)

ソクラテスは人間です。 (前提)

したがって、ソクラテスは死に至る。 (結論)

推論的推論とは、特定の前提が与えられれば、必然的に結論が暗示される場合です。推論の規則は、modus ponensのような結論を推論するために使用され、「A」と「AならばB」、次に「B」が結ばれなければならない。

 

健全な推論はすべての科学、社会科学、人文学の分野において不可欠な要素なので、論理は正式な科学になりました。サブフィールドには、数学論理、哲学論理、モーダル論理、計算論理、非古典論理が含まれます。数学の哲学における主要な問題は、数学的実体が客観的かつ発見されているかどうか、すなわち数学的現実主義と呼ばれるか、または数学的反異論と呼ばれる発明されたものを中心に展開されている。

 

科学の哲学

 

イブン・アル・ヘイサムのアイデアは、現代の科学的方法の発展の道具でした。

このブランチは、科学の基礎、方法、歴史、意味、目的を探っています。その下位区分の多くは、特定の科学分野に対応しています。例えば、生物学の哲学は、生物医学と生命科学の形而上学的、認識論的、倫理的な問題を具体的に取り扱っている。数学の哲学は、哲学的な仮定、基礎、数学の意味を研究します。

 

Remove all ads
This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️