Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kazuma Labolatory's

Nothing is Impossible. ✿

Menu

シンプル&明快。プログラミング本の著者さん🌟

『Think Python』, 『Thnk Java』辺りを参照させて頂く事が多いのですが、本当に分かりやすい。かつシンプル。

Parameter, Argument についても、大変分かりやすく解説されてあります。

文構造もシンプルでロジカル。単語も、よく使われる単語で書かれているので、大変理解しやすかったです。

著者: Allen B. Downey( アレン・B・ダウニー)

🇺🇸マサチューセッツ州のオーリン・カレッジでコンピューター・サイエンスの教授をされています。*1

 

『Think』シリーズ ~ コンピューター・サイエンティストのよう考えるには ~ 『Think』Series --- how to think like a computer scientist ---

 

Other

ダレンさんが自ら立ち上げられた Greent Tea Press.com に、彼の他の書籍も置いてあります🌟

 

Green Tea Press.com

http://greenteapress.com/wp/

 

教科書のマニフェスト*2

アレン・B・ダウニーさんが、Green Tea Press に掲示されていた『Textbook Manifesto』を引用・翻訳してみました。この「Textbook manifesto も非常にシンプルで明快で素敵だと感じました(*´ω`*)✨ 色々と本当に有難うございます(* ˊ˘ˋ)*_ _))🌟

( I appreciate your FreeBooks, especially, "Think" series. It's easy to understand, plain explanation, and futhermore, free!! Because your books was not only easy to understand, but also explain fundamentas, More and more I have loved programming very much!:) Very very thanks.(* ˊ˘ˋ)*_ _))🌟✨♪ )

 

 

Textbook Manifesto

http://greenteapress.com/wp/textbook-manifesto/

Allen B. Downey January 2010, updated February 2016


My textbook manifesto is so simple it sounds stupid. Here it is:
Students should read and understand textbooks.
That’s it.  It’s hard to imagine that anyone would disagree, but here’s the part I find infuriating: the vast majority of textbook authors, publishers, professors and students behave as if they do not expect students to read or understand textbooks.
Here’s how it works. Most textbook authors sit down with the goal writing the bible of their field. Since it is meant to be authoritative, they usually stick to well-established ideas and avoid opinion and controversy. The result is a book with no personality.
For publishers, the primary virtue is coverage. They want books that can be used for many classes, so they encourage authors to include all the material for all possible classes. The result is a 1000-page book with no personality.
For most professors, the cardinal virtue is course materials; they want a course-in-a-box. And judging by the email I get, what they really want is solutions to the exercises. Unfortunately, price is usually not an issue. The result is an expensive 1000-page book with no personality.
For students, these virtues are irrelevant because textbooks are unreadable and, usually, unread.
Here’s what happens. The professor chooses a 1000-page book and assigns students to read 50 pages a week. They can’t and they don’t, so the professor spends class time explaining what the students couldn’t read. Before long, the students learn that they shouldn’t even try. The result is a 1000-page doorstop.
What’s the solution?
Easy, it’s the opposite of everything I just said. Authors need to write books students can read and understand. That means 10 pages a week, or 140 pages for a semester long class. And it means writing for actual students, not the imaginary ones from 50 years ago who were “well prepared.” Actual students.
Publishers: I don’t know what to tell you. Your role in developing and distributing textbooks is no longer required. You are now in the publicity business.
Professors: Choose books your students can read and understand. If you can’t find one, write one. It’s not that hard. Then require students to read, and check whether they understand.
How? Among other things, reading quizzes. Ask your students to read a chapter and then ask them questions about it. If a few students don’t understand, blame the students. If more than a few don’t understand, fix the book.
Students: You should go on strike. If your textbook costs more than $50, don’t buy it. If it has more than 500 pages, don’t read it. There’s just no excuse for bad books.
Translation
Thanks to Joshua Haase, who translated this manifesto into Spanish. Here is his translation.
About free books
If you are thinking about writing a free book, here are reasons you should and suggestions about how: Free Books: Why Not?.

 

(翻訳) 教科書のマニフェスト

Allen B. Downey(アレン・B・ダウニー)

2010.1 | 更新: 2016.2

 

この教科書のマニフェストは馬鹿に聞こえるくらいシンプルです。それは…

生徒は教科書を読み、それを理解すること

それだけです。これに反対する人を想像する方が難しいでしょう。しかし本当に多くの教科書の著者や出版社、教授や生徒は、生徒が教科書を読み、理解する事を想定していないかのような行動をしています。これはとても悲しい事です。
仕組みはこんな感じです。多くの教科書の著者は、その分野のバイブルを書こうというゴールを元に書き始める。正確性や権威性を意識するあまり、大抵よく知れたアイデアを盛り込み、矛盾や個人的な意見を避ける。結果、個性のない本が出来上がる。
出版社にとっての先ず大事になる規範は、網羅性です。出版社は、出版予定の教科書が多くの授業で使われる事を望むあまり、著者に、想定出来うる全ての授業のために、全ての範囲を盛り込むようにと勧める。結果、個性のない1000ページの本ができてしまう。
ほとんどの教授にとって、重要な規範はコースの教材です。彼らはコースインボックスを望んでいます。私が受け取った電子メールで判断するなら、彼らが本当に望んでいるのは、演習の解決です。残念ながら、大抵の場合、価格は気にされません。その結果、個性のない高価な1000ページの本が出来上がります。

生徒の規範といえば、関係がない事です。なぜなら教科書が読めるようなものではないからであり、その結果、生徒たちは大抵教科書を読まない。
事実はこんな感じです。教授は1000ページの本を指定し、週に50ページ読むよう生徒に課します。
生徒が読めないのと読まないのとで、教授は講義で、生徒が読まなかったその内容を解説します。その結果、生徒は、教科書は読 もうとするべきではないんだということを学びます。結果、1000ページの"ドア止め"が出来上がる。


解決策
とても簡単で、私が言ったことの逆をする事です。著者は生徒が読み理解できる本を書く事が必要です。つまり、週に10ページ読め、一期の授業で140ページ進められる本という事だ。
そして、実際の生徒のために書く、のであり、50年前の"準備万端"の生徒という空想のもののために書くのではありません。あくまで実際の生徒のために書くのです。

出版社: 何を言えばよいか分かりません。教科書の研鑽と配布の役割はもはや必要とされていません。今やあなたたち出版社は公共のビジネスの中にいます。

教授: 生徒が読み理解できる本を選びましょう。もし見当たらない場合は、書きましょう。そう難しくはありません。生徒に読んでもらい、生徒が理解できているかチェックをすれば良いのです。
どうでしょうか。後はリーディングクイズでしょうか。生徒にチャプターを読んでもらい、そのチャプターについてのクイズを出すのです。もし理解していない生徒が少ないのなら、生徒に文句を言ってもいいでしょう。もしその生徒が少なくはないのなら、本を書き直しましょう。

生徒: ストライキしましょう。もし教科書が$50(約¥5000~¥6200) より高かったら買わずにいましょう。
500ページより多いのなら、読まないでおきましょう。悪い本には弁明の余地はありません。

 

 

*1:Professor of Computer Science at Olin College of Engineering, MA, US

*2:マニフェス
--- cambridge dictionary
--- コトバンク

This Blog uses M+ Font, Logo Type Gothic, Google Fonts and FontAwesome. It"s free & Designed cool font. Greatful for Koji Morishita of M+ Fonts Designer( Creator) and "フォントな" , Google, Adobe, and Dave Gandy!
Background Photos is downloaded by Unsplash.com. Thanks!
|*´-`)チラッ
Please Click Me
本ブログ全てにおいて、アフィリエイトプログラムには参加しておりません(•ᵕᴗᵕ•) 詳しくはこちらをご覧下さい。また、 以下のバナーは、私が「質が高い・あら素敵(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨」と感じたサイト様を掲載させて頂いておます_(( _๑´ω`))_⭐️